米国公認会計士

USCPA

USCPA(米国公認会計士)合格までの費用は60万円~120万円!それでも費用対効果あり

USCPA合格までに必要な費用を試算すると60万円~120万円!予備校代から受験料まで、費用の詳細な内訳を解説。筆者が実際に合格までに投入した費用も紹介。
USCPA

USCPAの経理マンが会計コンサルに転職した際の面接突破法

経理マンが会計コンサルタントに転職した際の面接突破法を紹介。①志望動機に経理時代の経験を交える、②クライアントへサービスをする側としての適正を示す、③コミュニケーション力や営業力の不足をカバーするという3点が重要です。
USCPA

若手経理マンが転職活動でUSCPAをアピールした方法

USCPAを転職で効果的にアピールするには一貫性が重要!①USCPAの勉強を始めた理由、②仕事で活きた例、③転職しようと思った理由、④志望動機と今後のキャリアという4つの要素において、一貫性を持ったストーリーでUSCPAについて語ることでアピール効果大!
USCPA

【USCPA(米国公認会計士)】学習時間の目安は1,000~1,200時間

USCPA合格に必要な学習時間をアビタス教材のボリュームから試算。さらに筆者のUSCPA学習時間や受験期間のライフスタイルを紹介。
USCPA

USCPA(米国公認会計士)は使えない(仕事が出来ない)のか?

USCPAが使えない(仕事出来ない)と言われる背景を考察。加えて、USCPAが経理の転職やキャリアアップに使えるか解説します。
USCPA

【米国公認会計士 (USCPA)】BECに86点で一発合格した勉強法

USCPA(米国公認会計士)試験のBECに86点で一発合格した勉強法を解説。Written Communication (WC)の対策法を詳しく解説。さらに管理会計や内部統制、ファイナンスの個別対策法も紹介。
タイトルとURLをコピーしました